心がほっこりする おうちのマナー

普段の生活の小さなマナー・ちょっとした気遣い

もらって迷惑なお歳暮リスト

お歳暮の季節。いただいたものは 心をこめて選んでくれたものだと思います。お気持ちは本当にありがたいです。

 

でも…迷惑なんだもの…ってことありませんか?

 

今回は私個人が「ちょっと…」と思ったものを紹介します。

あくまでも「我が家の場合」ですので「一般的」ではないものが入っています。こういうケースもあるんだな~、こんな人もいるんだな~と軽く読んでくださると嬉しいです。

 要らないお歳暮

《缶ビール》

我が家はアルコールを飲まないのになぜか毎年缶ビールが届きます。せめて日本酒なら料理に使えるのに。どうせならビール券にしてくれればさらに有効利用できるのに。

ちなみに ビール券って酒屋さんなら 普通に何でも買えるものだと(要するにビール券と言う名前の商品券だと)思っていたんですが。というか実際 普通に色々買っていたわけですが、この記事を書こうと思って一応念のためにウィキペディアで調べてみたら

「酒屋(全酒協傘下の店舗)では、販売されているすべての商品と交換可能な金券として流通していた。(ただし大手スーパーはビールのみ、コンビニなどでは酒1本でも含む買い物でしか使えない場合が多い)」

なんだか非常にアイマイな券のようです。そういえばビール券って以前よりも目にすることが少なくなってきていますね。

 

メンドクサイお歳暮

 

《新巻鮭一匹》

台所用品がまだ十分ではない新婚の頃「新巻鮭一匹」をいただいたことがあります。まず あの大きな魚の骨を切るような包丁がない。。。ので出刃包丁を買いに行きました。さばかないと冷蔵庫に入れられませんので。切り分けて おすそ分けしたり冷凍したり。年末は忙しいんです。キッツキツのスケジュールで日曜も仕事をしていた時期に出刃包丁を買いに行く・・・そして その出刃包丁は その後 ほとんど使っていません。

鮭は食べやすい大きさにスライスしてパックに小分けしてるのがイイです。

 

《数の子》

塩抜きの手間が・・・。カロリーと塩分も高すぎ。でも大好きだから困ってしまう。これもすぐ食べれるのがイイです。

 

タイミングが合わないお歳暮

 

《つわりの時の毛蟹》

妊娠中の つわりがひどい時に届いた立派な「毛蟹」。いやほんとひどかったんです。水飲んでも吐くレベル。そのあと入院しましたが。

毛蟹 当然食べれませんでした。というか、箱を開けた途端に吐き気が・・・。

旦那も忙しい時期で食べる暇がありませんでした。毛蟹に長期間冷凍庫を占領されてとても不便でした。

しばらく蟹がトラウマになっていました。

今ならパクパク食べるのに・・・。

 

《今から家を空ける時の果物》

年末年始はオットの実家に行くのに、年末ギリギリに届く果物。オットの家には いただきものの果物がいつもたくさんあるので持って行けません。なのでお歳暮の果物は、お隣さんに丸ごと差し上げます。顔見知りが多くて社交的なお隣の奥様は適当に近所に配ってくれるので大変助かります。

 

《賞味期限のあるもの・冷蔵庫の中でかさばる食品》 

乾麺はいいけれど生めんは冷蔵庫に入れないとだし、賞味期限もあるので大量にあると大変。冷蔵庫や冷凍庫の中でかさばるものは年末の食材が入れられなくなります。

我が家はお正月は義実家に帰省なので お正月の食材は買いませんが、義実家で肉・魚・お餅・練り物・ハム・果物等色々いただくのでスペースは確保していないといけないんです。

 

 

処理できないお歳暮

 

《活きエビ》

 私なら大歓迎なんですが

知り合いが「活きエビ」をいただいたそうで。その人、虫とか触れないし、魚もさばけない人で。「お魚は切り身で泳いでないとダメ」とか訳のわからないことを言ってるような とにかく小さな生き物がものすごく苦手な方なんです。で、お歳暮の箱を開けたらおがくずの中から元気にエビが飛び出してきて本気で泣きそうになったそうです。

いや。私なら「活きエビ」大歓迎なんですけど。

www.outi12.com

 

おわりに

 

贈り物って難しいですね。

高額なものって「生もの」が多いし。扱いが面倒なものが多いし。かさばるもの、冷蔵庫や冷凍庫で邪魔になりものが多いし。

思うんですけど、一度にたくさんいただくからこんなことになるんじゃないかと。「お歳暮」とせずに 毎月ぱらぱらと均等にいただけたら至福なんですけど。果物とかハムとかお菓子とか無くなる頃に誰かから届いたらいいなって思いませんか?

ええ。いつもの戯言です(*^_^*)

 

 

span.author.vcard{ display:none; }