心がほっこりする おうちのマナー

普段の生活の小さなマナー・ちょっとした気遣い

インフルエンザの予防接種は社会人としてのマナー?

スポンサーリンク

 

今年もインフルエンザの季節に突入しました。

ところで皆様インフルエンザの予防接種は受けていますか?

今回は 予防接種は受けた方がいいのか、受けない方がいいのかについてのお話です。

 

インフルエンザの予防接種は受けるけるべき?

 

職場で 「インフルエンザの予防接種は きちんと受けておいてください」って言われたことはありませんか?

または知り合いに「インフルエンザの予防接種はしておくべきでしょ」って当たり前のように言われたことはありませんか?

 

でも

 

予防接種をしなくてもインフルエンザにかからない人だってたくさんいるし。

インフルエンザに罹ったらすぐに病院に行けば専門の治療薬を処方してくれるから熱なんかすぐに下がるし。

 

うん。うん。その通りですよね。

 

そもそもインフルエンザの予防接種って必要なんでしょうか

 

「インフルエンザの予防接種なんて効かない

 

誰でも一度くらいは聞いたことがありますよね。

 

インフルエンザの予防接種を受けるかどうかを考えるなら、その効き目をきちんと確かめてみましょう。


インフルエンザの予防接種って効果がないの?

 

 

インフルエンザの予防接種の目的は下のふたつです

 ・インフルエンザにかかりにくくする

 ・もしかかった時の症状を軽くする

 

これについては厚生労働省のホームページで次のように書かれています。

 

体の中に入ったウイルスは次に細胞に侵入して増殖します。この状態を「感染」といいますが、ワクチンはこれを完全に抑える働きはありません。
ウイルスが増えると、数日の潜伏期間を経て、発熱やのどの痛み等のインフルエンザの症状が出現します。この状態を「発病」といいます。インフルエンザワクチンには、この「発病」を抑える効果が一定程度認められています(中略)特に基礎疾患のある方や高齢の方では重症化する可能性が高いと考えられています。インフルエンザワクチンの最も大きな効果は、「重症化」を予防することです。 国内の研究によれば、65歳以上の高齢者福祉施設に入所している高齢者については34~55%の発病を阻止し、82%の死亡を阻止する効果があったとされています。(厚生労働省のホームページより)

 

要するに インフルエンザの予防接種の効果をざっくりとまとめると

 

①インフルエンザウィルスが口や鼻などから入り増えること完全には抑えられない

発熱や喉の痛みなどの症状を抑える効果は ある程度期待できる

③高齢者の重症化による死亡を82%阻止することができる

 

ということになります

 

ということは(若い人・健康な人の場合は)

予防接種しても意味ないんじゃない?

 

うん。うん。そうですよね。

 

でも 一定数の効果があることは証明されているんです。

2015年の6歳児未満の研究では。「インフルエンザ発病防止に対するワクチン有効率が60%」となっています。

 

つまり できるだけたくさんの人がインフルエンザの予防接種を受けておけば大規模な流行が発生する可能性も少なくなりますし それによって命を落とす小さなこどもやお年寄りの数も減るかもしれない。と、そういうことなんです。

 

 

それに 

 

あなたが予防接種を受けていても

 

インフルエンザになるかもしれない

 

けれど

 

感染しても症状が軽く済むかもしれない

 

 

要するに確率の問題。

 

もしも あなたがあまり外出しない人なら インフルエンザの予防接種は必要ないかも。それよりも、人ごみを避けて、栄養があるものを食べて、しっかり睡眠をとったほうがずっといいですよね。

 

だってインフルエンザの予防接種は感染を抑えることができないんだから

 

でも  高齢者や基礎疾患(慢性疾患)を持っている方なら絶対に予防接種は受けるべき。

 

だってインフルエンザの予防接種には症状が重くなるのを防いでくれる働きがあるんだから。

 

また もしも 多くの人に関わる仕事をしているなら 感染拡大を防ぐ意味でも予防接種を受けたほうがいいと思います。

span.author.vcard{ display:none; }