心がほっこりする おうちのマナー

普段の生活の小さなマナー・ちょっとした気遣い

インフルエンザ予防 マスクは効果なし?

スポンサーリンク

 

 インフルエンザの予防のためには 十分な睡眠と栄養、それにできるだけ人ごみを避けることが大事です。

そうはいっても 人が多い場所を避けて生活するのは無理というもの。せめて手を洗ったり、うがいをしたり、マスクを着用したりで自己防衛したいものですね。

 

でも「インフルエンザウイルスにはマスクは効かない」って聞いたことがないですか?

 

今回は インフルエンザウイルスとマスクの関係についてのお話です。

 

 インフルエンザにマスクは意味がない?

インフルエンザのウイルスは 直径80-120nm(ナノメートル)とか0.1マイクロメートルとか言われています。

数字で聞いてもピンときませんね。

 

ちなみに 一般的な不織布のマスクの繊維の隙間が5マイクロメートルとなっています。

 

インフルエンザのウイルスをキャッチするには不織布マスクの穴 大きすぎです。

 

「0.1」と「5」ということは 単純に50倍

直径1センチの丸い球を網目の間が50㎝のネットでキャッチしようとしているようなもの。バレーボールのネットだって網目10㎝です。

 

直径1センチを網目50㎝のネットでキャッチなんて・・・

 

いや。絶対にできないとは言わないけれど、かなり そうとう きわめて 難易度が高いですよね。

 

マスクは ただの気休め?

なんて思いたくなりませんか?

 

インフルエンザ予防にマスクは無意味・無駄

 ですよね。

 

でも インフルエンザ予防にマスクが有効なのは もうひとつの理由があるんです。

それは

インフルエンザウイルスは湿度に弱いということ

 

湿度が50パーセント以上の室内ではインフルエンザウイルスは ほとんど生きていられません。マスクをしていると口元の乾燥を防ぐことができるので、インフルエンザウイルスの生存時間を短くすることができるんです。

 

インフルエンザ予防とマスク

インフルエンザ流行の予防とマスクについてもうひとつ。

 

インフルエンザの潜伏期間は1日~2日。とても短いです。

 

もしも インフルエンザにかかったら1日後か2日後には 症状が現れます。

 

でも

 

それって1日~2日の間は もしかしたら誰かにうつしてしまうかもしれない状態だということですよね。

 

インフルエンザは飛沫感染します。

 飛沫感染とは: インフルエンザになっている人の咳やくしゃみのなかの水滴の中のウイルスで感染することです

 

インフルエンザウイルスは ものすごく小さなものですが、それを含む「飛沫」自体は そこまで小さなものではありません。なので咳やくしゃみなどに含まれるウイルスはマスクでガードすることができます。

 

もしも 人ごみの中に行くときも そこにいる人が お互いにマスクをしていればインフルエンザのウイルスの拡散は減らせるかもしません。

 

 

おわりに

 

インフルエンザウイルスは 湿度と高温に弱い性質です。気温20度以上湿度50パーセント以上で ほとんどが死滅します。加湿器などを使って家庭や職場の環境をと問えるとインフルエンザにかかりにくくなります。

インフルエンザの流行時期は 湿度や温度に気を付けるようにしてください。

 

 

 

span.author.vcard{ display:none; }