心がほっこりする おうちのマナー

普段の生活の小さなマナー・ちょっとした気遣い

年賀状の価格はいつまで52円?

スポンサーリンク

 

2017年6月に郵便料金の改定が行われてハガキの値段も52円から10円アップして62円になりました。でも みなさんご存じのように2018年の年賀状だけは 旧価格の52円で投函できるようになっています。

今回は 52円の年賀状は「いつまで」使っていいのか。残った年賀状を使う時はどうすればいいのかのお話です。

 

 年賀状の価格

まず 一般的なハガキと年賀状の価格についてまとめますね

2018年のお正月の時点で

通常はがき 62円
往復はがき 124円

となっています

 

次に年賀状に関することですが 2018年の場合
通常年賀はがき 52円
インクジェット紙 52円
インクジェット写真用 62円
寄附金付はがき 57円

となっています。

寄附金付年賀はがきは 一枚につき5円が寄附金になって東日本大震災・社会福祉・青少年の健全育成の支援に使われます。

年賀状の引き受け期間は2017年12月15日~2018年1月7日までです。

 

私製はがきで年賀状を出す時の金額は?

表面に「年賀」の文字をわかりやすく朱書きしたはがきは年賀はがきとして取り扱われます。料金も普通の年賀状と一緒で2018年1月7日までは52円です。

 

海外向け年賀はがきの料金は?

国際郵便はがきの料金は70円です。なので通常の年賀はがきを使う場合は その差額分(18円)を貼り足して投函してください。

 

年賀状をポストに投函する場合 いつまでなら52円で大丈夫?

年賀状として扱われるのは1月7日までです。

郵便局のホームページによると翌日の1月8日の一番最初の取り集め分までは1月7日分として扱われるということです。 

ご挨拶やいただいた年賀状の返事としても1月7日までは「年賀状」で 1月8日からは 「寒中見舞い」になります。

1月8日の朝一番の取り集めまではセーフだなっ!って思ってギリギリに投函する人もいらっしゃると思います。確かに いただくならお年玉つきの年賀はがきの方が 普通のハガキでいただく寒中見舞いよりも 楽しみがありますよね。

 

1月8日以降に年賀状を投函したい場合は?

年賀状以外の使い方として、たとえば懸賞などの応募用として使い残した年賀状を使用することも良くありますね。そういう場合は 差額の10円分の切手を貼り足して使用するようにしてください。

www.outi12.com

 

終わりに

2018年の年賀状は 出すタイミングに気を付けましょう、と多分これから先 頻繁にメディアでも取り上げられるとは思いますが、要するに 普通の年賀状を出すタイミングで出していれば あまり問題もトラブルもないのではないかと思います。

とは言え やはりできたらギリギリではなく できるだけ早めに出すようにはしてくださいね。

span.author.vcard{ display:none; }