心がほっこりする おうちのマナー

普段の生活の小さなマナー・ちょっとした気遣い

結婚後の年賀状は夫婦連名?会社や友人関係は?

スポンサーリンク

 

独身の頃と違い 結婚したら「家」とか「世帯主」とかを意識せざるを得ない場面もありますね。年賀状を書く時も 差出人の名前で迷ったりするものです。

今回は 年賀状の差出人は連名がいいのか についてのお話です。

 

 結婚後の年賀状 親戚関係は夫婦連名?

「年賀(お年賀)」は 新しい年に 神様にお参りしたり お世話になった方のお宅へ新年のご挨拶に伺ったことに由来しています。

なので 年賀状は新年のご挨拶の代わりなんです。

まず 親戚や 家族ぐるみのお付き合いをされている場合の年賀状についてですが

例えば 結婚して お正月にご主人の実家に伺ったとして その近所に結婚式に出席してくれた親戚がいるとして、せっかくだから ちょっとご挨拶に行ってみようか、という話になったとしたら、当然夫婦で一緒に行きますよね。

 

なので 年賀状を書く時も 差出人のところには ご主人と奥様の名前の両方を書きます。差出人の書き方は

    (苗字)(名前)(旦那さん)

        (名前)(奥さん)  

という風に書きます。

 

親戚や家族ぐるみのお付き合いでしたら 子供さんの名前を入れるのもおすすめです。先方様にもお子様がいらっしゃるようでしたら 先方様のお子様の名前も入れておきましょう。○○くん。○○ちゃんいいですね。

宛名の書き方は

   (苗字)(名前)様(相手の旦那さん)

       (名前)様(相手の奥さん)

       (○○)ちゃん(こども)  

という風になります。

ご主人様の親戚も奥様の親戚も同じように夫婦連名にしてくださいね。また実家・義実家に出す場合も同様です。

 

会社関係や友人関係は?

昔 すべての年賀状を手書きで書いていた頃は 自分の会社・友人の差出人は それぞれに応じてかき分ければよかったので 差出人のことで悩むこともなかったような気がします。今は ほとんど印刷に出したり プリントアウトしたりですよね。しかもご主人の年賀状も奥様が作ってる なんて家庭も多いのではないでしょうか。

先ほど「親戚関係と家族ぐるみのお付き合いをしているところには夫婦連名で」と書きました。そのほかのケースにも 触れておきますね。


会社関係

夫婦連名・ご本人だけの年賀状 どちらが正解?ということについてですが 実際 どちらの年賀状もたくさん届きます。子供さんの写真を使った年賀状も届きますし、転居報告を兼ねたものも届きます。きちんと添え書きされているもの、添え書きのないもの、いろんなパターンがあります。数も多くなりますと 正直 よほど珍しいものでない限り あまり記憶には残りません。

それよりも 年賀状が届いたら 住所の変更などのチェックをしますので 郵便番号や住所は 略式ではなく きちんと書いていてくれると嬉しいです

 

※取引先などの場合は 完全に「仕事」ですので 夫婦連名ではなく 個人の名前での年賀状になります。

※職場の雰囲気によっても年賀状は違ってくると思います。家族写真が多めの会社、連名が多い会社、年賀状は出さない会社、その場の雰囲気に合わせるのも大事です。

 

友人関係

友人関係の差出人についてもこれといった決まりはありませんが、いくつかパターンをあげておきますね。

・夫婦とも親しい⇒夫婦連名で

・あまり面識はないが結婚式に来てもらった⇒結婚して最初の年だけは夫婦連名でお礼を兼ねた年賀状。その後は 連名にしない

・ごくたまに会うことがある⇒差出人は個人名で出して、「奥様にもどうぞよろしくお伝えくだい」「今年一年 ご家族の皆様にとっても良い年でありますように」など添え書きをする

・完全にどちらかとしか関わりがない⇒個人名で出す

 

などと使い分けるといいのではないでしょうか 

 

www.outi12.com

おわりに 

ここからは 一般的なことではなく 私個人の意見なんですが、女性の場合、会社関係の年賀状は 夫婦連名でないほうが 私は嬉しいです。年賀状の整理をしていて、つい ご主人の名前でチェックを入れてしまいます。あれ こんな社員さんいたかな?それとも業者さんかな?聞いたことないな?と思ってよくよく見たら 奥様が社員さんでした。。。というケースですね。

せっかく 社会で一人の人間として働いていらっしゃるのですから「女性メインの年賀状」を出されてみてはいかがでしょうか。

とは言え 働く女性にとって年末はとても忙しいものです。一括して印刷依頼する場合もありますよね。そんな時には 全部の年賀状が夫婦連名になってしまいますが もちろんそれでも OKです。年賀状をくださる お気持ちは本当にありがたいです。もしできるなら本来は個人名で出したい相手への年賀状は手書きで「ほんの一言」添えると 年賀状を受け取った方もより嬉しいと思います。

span.author.vcard{ display:none; }