心がほっこりする おうちのマナー

普段の生活の小さなマナー・ちょっとした気遣い

年賀状に句読点をつけてしまった!どうしたらいい?

スポンサーリンク

 

年賀状には句読点は つけてはいけない。ネットで見たことがあったので知っていた。でも 年賀状を書いていたら ついつい「、」や「。」を使ってしまった。これってやっぱりダメなケース?

今回は 年賀状に句読点を使うとなぜいけないのか、つけてしまったときにはどうすればいいのか、についてお話します。

 

年賀状に句読点を付けない理由は

ネットで年賀状の書き方を検索してみたことはありますか。調べてみると「年賀状には句読点を使わないのがマナーです」と書いているサイトがたくさんヒットしますね。

年賀状に句読点をなぜつけてはいけないか、については
・昔 手紙は筆で書かれていた。なので句点・読点は使わないのが普通だった
・年始の挨拶に区切りをつけるのはよくない
・句読点は(文章を読みにくい人が) 読みやすくするために打つものだから 目上の相手に句読点を使うのは失礼になる
などといわれています。

同じ理由で 表彰状などにも句読点が使われていません。

 

年賀状の句読点ってやっぱり失礼?

 「年賀状の句読点はマナー違反」と言っても実際は

年賀状に句読点があったので「マナー違反だ」と怒リ始める人とか

年賀状の句読点を見て「元旦から文章が区切られている」と泣きはじめる人とか

「部下からの年賀状を見たら句読点があったので 見下されてると感じて目の前が真っ暗になった」とか

いませんよね。 絶対に。

もちろん 受け取る側の人にもいろんな方がいらっしゃいますので 大体のことしかわかりませんが、句読点があったからと言って 「マナー違反だ」と思う人は あまりいないんじゃないかな、と思います。


なら そのまま、つまり句読点が付いたままの年賀状を出しても構わないか、というと これもまた違うかな、という感じです。

なぜ句読点のついている年賀状を送ったらダメなのかの話をしますね。

 

なぜかというと
例えば 我が家には 毎年たくさんの年賀状が届きます。

印刷しただけの まったく手書き部分のない年賀状もたくさんあります。ひと言 添え書きをしている年賀状も沢山あります。そして添え書きをしている年賀状には たいてい句読点がありません。

その中に一枚だけ句読点がある年賀状があると

妙に目立ちます

断っておきますが
句読点つきの年賀状は全く失礼ではありませんし
受け取った人が気を悪くすることもないと 私は思います

それに 年賀状を一枚一枚じっくり読むことは あまりないと思うんです。

ただ もし じっくり読んだら。そして 一枚だけ句読点付きの年賀状があったら。

私だったら

「すごくすごく 生真面目な人なのかな」って思います。

そして 「なんだか かわいいな」と思うかもしれません。

新年早々 ついつい家族を呼んで 声に出して読み上げたくなる。そんなほのぼのとした雰囲気が句読点付きの年賀状にはあります。それって気軽に出す年賀状ならOKですが、改まった年賀状にはNGですよね。

年賀状に句読点をつけてしまったら?

「でも もう年賀状に句読点を付けてしまった」という場合はどうしたらいいでしょうか。

友人への年賀状なら そのまま投函しても構わないと思います。

目上の方や親しくない方への年賀状は できるなら書き直した方がいいと思います。間違っても修正液で消したりはしないでくださいね。かえって違和感が増します。もしも何とかなるようなら小さな新年っぽいシールを貼るとか、犬の足型のスタンプを押してみるとかもアリですが、何カ所も張ったり押したりはできませんので その辺は臨機応変にやってみてください。

 

そして よく知らない人、これからお世話になる方に送る年賀状でしたら 絶対に書きなおしてください。小さなことですが こういうときの印象は大事です。

 

もしも「 もう投函してしまった」という場合は なかったことにしてキレイに忘れて来年からは気を付けるようにしてくださいね。

 

www.outi12.com

www.outi12.com

終わりに

 

年賀状は形式よりも気持ちが大事。それに普段のあなたをよく知っている人なら年賀状ひとつでイメージが変わったりすることはありません。

きちんと添え書きがある年賀状を出しているので そこは自信を持ってくださいね。

 

 

span.author.vcard{ display:none; }