心がほっこりする おうちのマナー

普段の生活の小さなマナー・ちょっとした気遣い

寒中見舞いを出す時期は?寒中見舞いとは?

スポンサーリンク

 

寒中見舞いを年賀状の代わりとして使うケースがあります。

でも 寒中見舞いは もともと年賀状とは ちょっと性質の違うお手紙です。

今回は 寒中見舞いと年賀状の違い、寒中見舞いの使い方、寒中見舞いを出す時期についてのお話です。

 

寒中見舞いの時期は?

 寒中見舞いは 年賀状のすぐ後に出すお便りなので

・年賀状を1月6日までに出せなかった場合

・年賀状の返事が1月6日に間に合わなかった場合

・人災・自然災害などがあり新年の挨拶ができなかった場合

・病気や怪我などで新年の挨拶よりもお見舞いの方が良いと感じた場合

・どちらかが喪中で新年の挨拶ができなかった場合

 など 年賀状で新年のお祝いができなかった場合の挨拶状として使うこともあります。

 

郵便局のホームページでは寒中見舞いを出す時期について次のように書かれています。 

松の内(元旦~1月7日)を過ぎてから、節分(2月3日頃)までに届くようにしましょう。
二十四節気の小寒と大寒に当たる時期を「寒中」といいます。

        (郵便局のホームページより)

 

寒中見舞いは1月7日~2月3日まででは いつごろがベストかと言いますと
もしも
 ・喪中ハガキが来ていてそれに対してお返事を書く
 ・年賀状の返事が間に合わなかったので 寒中見舞いでお返事をする
などでしたらできるだけ早い時期がいいのではないかと思います。

  

寒中見舞いとは 

年賀状は新年をお祝いするあいさつ状ですね。

 

けれども 寒中見舞いは もともと寒い季節の「お見舞い」です。凍てつく時期は相手の健康が気になります。なのでお便りを送って相手の健康を気遣います。

  

年賀状の代わりではなく 厳寒期の「お見舞い」として出す場合は 大寒から立春までの寒さの一番厳しい頃に出すのがおすすめです。特にご高齢の方やご病気の方は寒い時期は体が辛いものです。たとえ年賀状を出した方でも「お風邪をひきませんように」という思いやりの言葉を送ると喜ばれると思います。

ちなみに
 ・大寒は1月19日か1月20日(年によって違います)
 ・立春は2月3日か2月4日(年によって違います)
になります

なので お見舞いとして出す場合は1月20日頃~2月4日頃がベストになります。

  

寒中見舞いを過ぎたら何になる?

寒中見舞いの時期を過ぎてしまったけど、お見舞いのお手紙を書きたいというときは「余寒見舞い」になります。

余寒見舞いの時期は一般的に節分が終わって(立春になって)~2月末ごろまでになります。
日にちにすると2月4日頃~2月いっぱいです

  

そのほかのお見舞いについて 

寒中見舞いと余寒見舞い以外のお見舞いとしては 夏の厳しい時期に出す暑中見舞い残暑見舞い があります。

 

また
 ・病気の時の「病気見舞い」
 ・火災に見舞われた時の「火事見舞い」
 ・喪中の方に送る「喪中見舞い」

も あります。今のようにメールなどでの連絡方法がなかった時代の人は ご不幸があった時に すぐに出向いてお見舞いするのも 電話をかけるのも迷惑かもしれないと思い、お手紙でのお見舞いをしていたんでしょうね。

現在でも 先方様に対して一番ご迷惑にならない心配りは 自分の言葉で書いた手紙ではないかと私は思っています。

www.outi12.com 

 おわりに

 メールやSNSは便利ですね。でも 相手の負担にならない心遣いを伝えるなら寒中見舞いや余寒見舞いなどを利用するのもおすすめです。

他の挨拶状と同じで寒中見舞いは相手の状態や健康を気遣うものです。自分のことよりも相手のことを思いやったお手紙を書くようにしてくださいね。

 

  

 

span.author.vcard{ display:none; }