心がほっこりする おうちのマナー

普段の生活の小さなマナー・ちょっとした気遣い

小学校の入学祝いの熨斗袋の書き方と送り方は?

スポンサーリンク

 

姪っこさんや甥っ子さんが小学校に入学したら 入学祝いを渡してあげたいですよね。

 

でも 特にまだ独身の方、小学校に上がるお子さんがいらっしゃらない方などの場合は 入学祝いの祝儀袋を手にする機会もないと思います。

 

今回は 入学祝いの袋の書き方や送り方についてのお話です。

 

 小学校の入学祝いの熨斗袋の選び方?

 

熨斗(のし)袋には「水引(みずひき)」という細い紐がついていますね。この水引の結び方には2種類あります。


ひとつは「結びきり」と言って 一度結んだらほどけない結び方です。要するに「真結び(まむすび)」ですね。一度結んだら ほどけませんので 1度きりがいい場面・・・たとえば結婚式・弔事、仏事全般で使用されています。「あわじ結び」という結び方は「結びきり」を変形させたものです。


もうひとつは「蝶(ちょう)結び」です。
この結び方は 何度でも解いたり結びなおしたりができるので 何回あってもいいこと、お祝いなどによく使われます。
入学祝いで使うのは こちらの「蝶結び」の封筒になります

文具屋さんなどに行きますと入学祝用のかわいらしい封筒があります。小学校の入学祝いでしたら それを利用するのも喜ばれると思います。


小学校の入学祝いの表書きの書き方は?

 お祝い用の封筒を買ったら 表書きをします。


最初から「お祝い」「入学祝」「ご入学おめでとうございます」などと印刷されたものは、その下に あなたの名前を書いてください。


短冊がある場合は 下半分にあなたの名前を書いて 水引にはさんでください。

なにもない場合は  水引の上に「ご入学祝い」、水引の下に あなたの名前を書いてください。


名前についてですが、苗字だけでもいいですし、フルネームでも構いません。


もし ご夫婦で送る場合は お二人の名前を入れてもいいかな と思います。その方が お祝いしたい気持ちが伝わるような気がします。

名前を書いたらお金を入れて 元通りの形に戻しておきます。

 

 

小学校の入学祝の送り方

入学祝を郵送したいときは現金書留を使います。現金封筒とは現金を送れる封筒のことで 熨斗袋も入る大きさになっています。熨斗袋だけでは味気ないので何か一言書いたお手紙を添えて送るようにするといいのではないでしょうか。

 


現金封筒の宛名に書く名前は?

 一般的には 現金封筒の宛名は親の名前で書いて送ります。もちろん それが絶対というわけではありません。

 
中学生だからお金の管理は自分でするだろうと思うなら
⇒小学校の時は 親の名前で 中学校からは子ども宛てに送る

義務教育までは親が管理するべき
⇒中学までは 親の名前で 高校からは子ども宛てに送る

学費を負担するのは親だから
⇒親宛てに送って あとは親の判断に任せる

子どもとはあまり面識がなくて 親同士の付き合いで入学祝を渡す
⇒大学の入学祝でも 親の名前で送る

子どもと すごく仲がいい
⇒子どもととても近しい関係で 子どももしっかりしているし、親も細かいことを言わないようなら 小さいころから子どもの名前で送るのもありですよね。

このあたりはおつきあいのさじ加減になってきます。

また 一般的な「相場」の金額なども一応ありますが、
それも あまり型にはめずに無理のないように、が気持ちのいいお付き合いをする秘訣だと思います。

気持ちがこもっていれば伝わるものだと 私は思います。

 


おわりに

小学校に入学したばかりの頃は まだお金の使い道もあまりない、というか 送ったお金は その子の母親が学校関連の物を買うか、貯金に回すのがほとんどだと思います。なので実際子どもとしては あまり「もらった感」がないものです。なので、一緒にちょっとしたプレゼントどうでしょうか。お菓子程度で十分です。郵便局では定型郵便物や定型外郵便物に現金書留とつけるサービスもやっています。  

span.author.vcard{ display:none; }