心がほっこりする おうちのマナー

普段の生活の小さなマナー・ちょっとした気遣い

子どもにお箸の持ち方を教えるのは何歳から?

スポンサーリンク

 

食事のマナーって大事ですよね。特にお箸の使い方がおかしいと 気になるものです。だから 子どもにはお箸の使い方をしっかりと教えてあげたいと思うママも多いのではないでしょうか。

 

今回は 子どもにお箸の使い方を教える時期についてのお話です。

 

子どもにお箸の持ち方を教えるのは何歳から? 

自分の子供と同じくらいの年の子供がお箸を使って食事をしていると気になりますよね。うちの子どもにもお箸の持ち方を早く教えないとってついついプレッシャーを感じてしまいます。

 

早くお箸が使えるようになった方がいいような気がしますが

 

お箸の持ち方は

急いで教えなくても大丈夫です

 

もちろん子どもの成長には個人差があります。生まれつき 器用な子もそうでない子もいます。子どもが お箸の持ち方に自然に関心を持ってスムーズにお箸を持てるようになるようでしたら きちんと教えてたくさんほめてあげてください。

 

なかなか 上手に持てないようでしたらまだ時期ではないと思って少し待ってあげてください。ここで無理やり「正しいお箸の持ち方」を教えようとすると、子どもが食事の時間を苦痛に思うようになります。

 

せっかくの食事の時間が 楽しくないなんて残念ですよね。

 

子どもにお箸の使い方を教える時期は?

さきほど「上手に持てない場合はまだ時期ではないと思って少し待ってあげてください」と書きました。では いつが時期なのか、についてお話しますね。

 

小さな頃から無理やりお箸を使わせると、「にぎり箸」や「クロス箸」などの癖がつきやすいと言われています。

 

また まだ握力のない子供がお箸で物をつかむのは難しいです。お箸で挟むことができないときは おかずにお箸を刺して食べる癖がつきやすくなります。これは「さし箸」と言って お行儀のよくない食べ方とされています。

 

なので お箸を持たせるのは ある程度の握力ができた頃の方の方がおすすめです

 

目安としては

・スプーンでしっかりと食事ができるようになってから

・鉛筆をしっかりと握れるようになってから

という感じです。

 

スプーンや鉛筆は 親指・人差し指・中指の三本で使いますね。この三本でスプーンや鉛筆がしっかりと握れるようになれば、そこから もう一本増やせばいいだけです。子供も楽だし、親もなんども注意することがなくスムーズにお箸で食事ができるようになります。

 

年齢で言えば3歳~5歳くらい。何度も言いますが 「早く覚える」ことより「きちんと使える」ことの方が大事です。待っている間はツライですが、 急がずにゆっくりと教えるようにしてくださいね。

 

おわりに 

 食事のマナーは大事ですが 「しつけをしっかりしないと」と頑張りすぎると食事が楽しくなくなってしまいます。それよりも「食卓は楽しい場所だ」ということ それに「食事は美味しくいただく」ものだということを大事にしてほしいと思います。

お箸の使い方もそうですが、食事中の姿勢・挨拶・食器の持ち方なども覚えてほしいですよね。 食事を作ってくれた人への感謝の気持ちがあれば食事を残すことも少なくなると思います。同席している人との会話が楽しければ食事中にスマホするような子どもにはならないのではないでしょうか

span.author.vcard{ display:none; }