心がほっこりする おうちのマナー

普段の生活の小さなマナー・ちょっとした気遣い

食事中にお休みをするときの箸の置き場所は?箸置きやお膳がない場合は?

スポンサーリンク

 

 和食では、基本的にお箸は手に持ったまま おかずなどをいただきます。でもお箸を置く場面もありますよね。

そんな時は お箸はどこに置くのがいいのでしょうか

今回は 食事中のお箸の置き場所についてのお話です。

 

 食事中のお箸の置き方

 

食事中にお箸を置きたいときには、箸置きにお箸を置きます。最初に用意されていた時と同じように、お膳の一番手前に横に置きます。箸先が左側になります。

 

もしも 箸置きがない場合は お膳の端にお箸の先を乗せるようにしてお箸を休ませます。

 

直接 お膳やテーブルの上にお箸を置くと テーブルが汚れますので、しないようにしてくださいね。

 

箸置きやお膳がない場合は?

 

箸置きやお膳がない場合は、小皿などの端に箸先を乗せるなど臨機応変にしてみてください。

・お箸は 横向き

・箸先は左側

・箸先を乗せる場所があるなら箸先を乗せる

を基本にしてくださいね。

 

箸袋を折って箸置きを作る人もいるようです。

それほど正式でないお席の場合でしたら それでもいいかと思います。

 

お皿や茶碗にお箸を渡して置くのは?

 

お箸の使い方の中には「忌み箸(いみばし)」と呼べれているものがあります。「忌み箸」または「嫌われ箸」「禁じ箸」。要するに、食事中にしてはいけないお箸の使い方ですね。

握り箸・拝み箸・横箸・違い箸・・・などなど沢山ありますが、その中に「渡し箸」というのがあります。

これは お箸を使わない時に器の縁(ふち)にお箸を渡して置くことで 「してはいけないこと」のひとつとされています。なぜ「してはいけないか」については、三途の川を渡すようで縁起が悪いとか、ごちそう様の意味があるとか、の説があります。

 

なので きちんとしたお席では 茶碗やお皿の縁に箸を渡すようにして置かないようにしてください。

 

食事が終わりましたら、最初お箸があった場所に戻します。

 

もし最初に用意されていたのが箸袋に入った割り箸でしたら やはり、同じように箸袋に戻して食事を終えてください。使用済みの箸ということがすぐにわかるように袋の箸を少し折っておくといいですね。

 

おわりに

 

先ほど書きましたように、お皿や茶碗などの縁(ふち)にお箸を渡して置く「渡し箸」は「してはいけない箸の使い方」です。

でもこれって 自宅で普段なにげなくしていることが多いんです。そして自宅で「渡し箸」をする癖があると、外出先で食事をしたときに ついつい癖が出る可能性が大です。

 

できたら自宅での食事のときも箸置きを使って、食事をするようにしてくださいね。

 

余談ですが、箸置きは手軽に食卓を演出できるとても便利なアイテムです。折り紙を使った小さな船、キレイに洗った小石、夏に拾った貝殻、身近なものでOKです。

 

子どもの日には 菖蒲の葉先を少しだけクルリと丸めたものを使うとか、七夕なら笹の葉でササ舟を作ってみるとか、そんな箸置きもいいのではないでしょうか。 

span.author.vcard{ display:none; }